鉄分サプリの決定版!妊娠中の貧血対策はどうすればいいの?

MENU

■妊娠中の立ちくらみや貧血に悩んでいるママは意外と多い!■

鉄分サプリの決定版!妊娠中の貧血対策はどうすればいいの?

赤ちゃんを守るために、食事に気を使ったり、普段よりいろんなものを食べてみたりと努力しているママさんは多いですよね。

でも、いくら食べても起こってしまいがちなのが「貧血」です。


しかも、この貧血の問題点は、

妊娠後期になればなるほど、ひどくなりやすい

って部分です。


妊娠初期の頃に比べて、赤ちゃんが大きくなるとより必要となるのが血液なため、多くのママが貧血に悩みがちなんです。

でも、だからといって貧血対策の王道とも言える「レバー」は、子供への影響を考えるとあまり積極的に食べたい食品ではないですよね。


生まれてくる子供の耳の形がおかしくなったり、奇形児にならないためにも、妊娠中は避けたいのがレバーなんです。


「じゃあ、どのように貧血対策を行っていけばいいの(´・ω・`)?」

と思っているママに向けて

妊娠中の貧血対策とおすすめの鉄分サプリ

について書いていきたいと思います。

■妊娠中の貧血対策に大切な事とは?■

貧血対策といえば、上記にも出てきたように「レバー」ですよね。

とはいえ、レバーは動物性ビタミンAである「レチノール」を多く含むため、妊娠中は出来たら避けたい食品です。


では、どのように対策していけばいいのでしょうか?


よく言われているのが

・たまご
・牛肉
・あさり

・小松菜
・ほうれん草
・納豆

といった、レバー以外の食品での貧血対策です。


この中で効果の高い鉄分を含んでいるのが「たまご、牛肉、あさり」です。


実は、鉄分には2種類存在していて

「動物性のヘム鉄とそれ以外の非ヘム鉄」

があります。


動物性のヘム鉄というのは、レバーやたまご、牛肉やあさりなどに含まれていて、野菜などから摂取できる非ヘム鉄に比べて「5倍」ほど吸収力が高いです。

そのため、貧血対策にはレバーが向いているんです。


ですが、妊娠中は

牛肉⇒レアによる寄生虫や食中毒が気になる
たまご⇒サルモネラ菌が気になる
あさり⇒リステリア菌が気になる

といった感じで、海のものや動物系は、火をあまり通さなかったことによっておこってしまう食中毒や寄生虫が気になる方もいますよね。


また、タンパク質の優等生とも言える「たまご」も食べすぎによる、子供のアレルギーが気になる方もいると思います。


実際、そこまで神経質になる必要はないんですが、貧血対策のためにたくさん食べるとなると、かなり気になってしまいます。


そこで、妊娠中に頼りがちになってしまうのは「非ヘム鉄」を多く含む、小松菜、ほうれん草、納豆といって食材です。

小松菜やほうれん草は、葉酸も多く含むため妊娠中にはぴったりの食材だと言えます。


納豆は、好き嫌いが分かれますし、妊娠中の食べ過ぎはあまりよくないと言われているため、貧血対策にはあまり向きません。


こういった食材の制限を受けた中での対策をしていかないといけないのが妊娠中なため、かなり苦しいんですよね。


また、妊娠初期は「鉄分を1日13mg」、妊娠中期以降は「鉄分を1日28mg」を目安に摂取したほうがいいと言われています。


これは鉄分が多いほうれん草を茹でて食べた場合、妊娠初期でも「1日700g」の摂取が必要となります。

さらに、妊娠中は基本的には一つの食品だけを大量に食べるのではなく、様々な食品をバランスよく食べることが大切なので、あまりおすすめした食べ方ではありません。


そのため、妊娠中に食材から貧血対策をする場合は

・納豆1日1パック(鉄分1.5mg)
・ほうれん草のお浸し100g(鉄分2.0mg)
・たまごMサイズ1日1個(鉄分0.9mg)
・牛肉赤み100g(鉄分2.2mg)

合計6.6mg

といった感じで、少しずつ食材を食べることになります。


しかも、これを毎日続けるとなると大変ですし、必要量を食事だけで摂取するのはかなり大変です。

そのためこういった食事をしながら「貧血サプリ」の併用をしていく必要があります。

■妊娠中に飲みたい貧血サプリのおすすめは?■

そこで、妊娠中におすすめなのが

「美めぐり習慣」

という、ヘム鉄を気軽に摂取できる鉄分サプリです。


このサプリは、鉄分の吸収力を考えて、

・ヘム鉄10mg(5粒あたりの量、これを10粒にして飲んでもOK)
・ビタミンC(鉄分の吸収力アップ)
・葉酸(鉄分と協力して赤血球を作り出す)
・ビタミンB12(鉄分と協力して赤血球を作り出す)

といった、鉄分だけでなく、吸収効率や赤血球を作り出す効果を高めてくれる成分も含んでいるので、効率のいい貧血対策が出来ちゃいます。


また、基本的には食品から作られていますし

・保存料
・着色料
・香料

も使用されていないので、妊娠中でも安心して飲めますよ。


さらに、定期コースなら

「一ヶ月目一日48円、二ヶ月目以降、一日107円」

で始められるので、何かとお金がかかる妊娠中でも、比較的気軽な値段で始められますよ。



もちろんですが、15日間の返金保証と継続の縛りがないのでいつでも解約可能です。


妊娠中は、ヘム鉄を多く含むレバーといった食材をたくさん食べることができないので、貧血対策を気軽に続けることはできないですが、普段の食事に気をつけながらサプリメントを併用することで対策は可能なので、これから産まれてくる赤ちゃんのためや、フラフラで毎日きつい思いをしている自分のために初めて見るといいですよ。

初回限定価格でお得に始められますし、いつでも解約できるので安心です♪